Page Top
PICK UP

という訳で、あけましておめでとうございます!
2014010101

今年のKYARAも1年前に負けない!を目標にやっていきたいと思います。
本当に新年早々に新年用のTOPを更新するという約束をしたものの、
その準備をすっかり忘れたまま年が明けてしまい、
新年早々、自分の会社に忍び込むくらいKYARA大好きな店長です。

年を重ねるごとに、月に1日の稼働日を増やしていく中で、
稼働日が増えても地元バンドの負担は最小限のまま。
地元バンドを積極的に世に排出していけるようなサポートができる。
そんなライブハウスであることを引き続き、目指していきます。

お陰様で、年明け以降の調子も良く、既に5月ころまでかなり多くのイベント予約のお約束をいただいておりまして、
少しずつ新体制の北浦和の在り方が認めてもらえてきていると実感しております。

しかしながら、我々まだまだ未熟者ですし、
まだ思う通りにすべてを動かすことは愚か、
どんどん色んな当たり前のことをしっかりできるようになるべく、
この1年も思考と経験を重ねていく所存であります。

①KYARA TVの月2配信
②3F BARスペースの更なる有効活用(アート展示・ドリンク保障での一般貸出など)
③バンドマンの知識・経験を共有できる環境作り(ドラム会・団体レッスンなど)
④積極的なレーベル関係者との交流
⑤北浦和から南埼玉へ!地域シーンの活性化計画

以上、5点を目標に今年も運営していきます。
2014010102
そして、今年の一番大きな試みとして、
南埼玉というシーン作りを展開していきたいと考えています。

1つのライブハウスが盛り上がり安定を達成していても、
それは、インディーズバンドシーンの活性にはつながりません。

1つの地域として、お互いがライバルであり、
お互いが仲間ならずともシーンを作り上げるという感覚であること。

バンドを取り合うということなく、
バンドを食いつぶすことなく、
バンドを飼い殺すことなく、

バンドの減少を防ぎ、
またバンドの増加を狙い、
解散することがあれば、
別れたメンバーが新しい人材を連れて
バンドが増えていくような。

そういう高い位置での安定をお互いが望み、
お互いに余計な活動摩耗のないシーンを作っていく。

どのハコを選ぶかはバンド次第。
それでもバンドがあふれている状態。
2014010103

まぁ、食いつぶし飼い殺しがあるような
小学生の地域レベルで争うんじゃなく、
みんな全国レベルのライブハウス目指して、
南埼玉で全国大会しましょうよ!ってことです!

相も変わらず、ふざけたハコですが、
また1年よろしくお願いします!押忍!

地元バンドよ!今年は一層の気合い入れてくれよ!
よろしくお願いします!
https://soundcloud.com/kyara14th