Page Top
PICK UP

2017.10.29.Sun
ドミコ「hey hey,my my?」 Release Tour
ドミコ

本日はドミコワンマンライブでした!
hey hey , my my?リリースツアー初日。
北浦和KYARAを選んでくれてありがとうという気持ちともろもろの準備+完全ソールドアウトにより、中盤までしか生では見れませんでしたが、今日のライブは無茶苦茶嬉しかったです。

10.29
正直、都内での活動が多い+KYARAでの出演の少ないバンドにとって、埼玉北浦和という土地で集客をするというのは難しい部分があるため、申し訳ないことに僕的には100~120人入ればすごいことだと思っていました。

image4
僕の心配を含んだ予想は全くの検討外れ。3日前に完全ソールドアウト。
いやーなんかもうすごく嬉しくて。また、お客さんみんなお酒飲みながらライブ見るのが好きな方が多い印象。ドミコは、バンドのあるべき姿の1つをバンドとお客さんで作り出しているのだと思いました。

音楽性から感じられる陶酔感はリアルタイムでお酒と共に何倍にもなって楽しめる。手が上がったりパーティーな感覚ではなく、「酒の出る店で2時間生演奏でドミコが聴ける。」ということを楽しみにしていたんじゃないかと思います。

ひかるとの出会いはまだドミコが始まったばかりで、最初見た時に「なんでこんなバンドがライブハウスでやっているんだろう?」と思い、それを直接伝えた5年前?のあの辺の日からひかるとの付き合いが始まって。本当に無礼者なのですが、本当に憎めない。笑
当時から酒と音楽に大好きなイメージ。

「ライブで実験していかないと…」と言う俺に対して、「実験なんて、そんなの来てくれたお客さんに失礼じゃないすか?」って、言い返されて「え~!?正しいけどさ~!え~!?」ってやり取りは今でも忘れない。笑

ひかるの難しいところって、真剣に向き合ってるからこそ出てくるんだと思うのです。

音楽は当時から群を抜いていたし、なんとかしてやりたいという気持ちが強かったのですが、同時にライブハウスでは売れさせることは出来ないことを経験として実感出来た時期でもありました。

最初はプレイヤーから愛されるバンドとして存在していたと記憶してます。
そういうバンドであればあるほど、一般の人に届くのは難しいのかなとか思っていました。
けれど、つなげることは出来ると思い、必死でブッキングを悩み続けてきた訳ですが、その中で俺とドミコ共通の思い出のバンドはQomolangma Tomatoになると思います。
KYARAではここ数年出演してもらっていませんが、僕が同世代日本人バンドで今もトップランクで好きなバンドです。もうどうしていいか分からなくて、僕の大好きなバンドに見せて良い反応がなければ、僕に出来ることはもう分からないって思ったんです。当時の若さです。それだけの理由で。笑
そして、対バンしたことがきっかけでVoなるとさんからのつながりもあり、ドミコは今の制作チーム体制の基盤が固まり、そこからドミコさかしたひかるは始まったんだと思ってます。



その後もひかるはそれまで以上に音楽のシーンを感じながら楽曲制作、ライブの在り方を懸命に模索してきました。ひかるは天才だと思うけど、同時に人並み以上の努力家だと思います。
思い通りにならないことを熱く感じとり、思考と行動でその間を埋めて行く。
そして、ひかるは誰から言われるでもなく、それらを当たり前として今も続けています。

とことんバンド仲間を作ってこなかったひかるのことを最初は純粋なるコミュ障と勘違いしていたのですが、ワンマンにもサポートで出演したTempalayりょーとやSPARK!!SOUND!!SHOW!!ちよくん、遊びに来ていたTENDOUJIケンジくんなど、活動のステージが上がる中で気付いたらたくさんの気持ち(音楽性やビジョン)が分かり合える仲間が出来ていて、ビートマを開催したり。
僕たちは勝手に「ひかるが人間らしくなってる…」と話したのをよく覚えてます。笑
また、出来る仲間もいちいち変わり者ばかりで。笑
いや、本当おもしろい。誉め言葉です。みんな実力者だし、変わってるからこそ面白くて、アベンジャーズ的なノリを感じてます。

そして、なかなか出てこなかったけど、そんなひかるのパートナーはやっぱけいちゃんしかいないなと。人が増える度にステージに埋もれてギリギリ見える&お客さんと逆方向にコーラスするけいちゃんをいつも愛らしく思っているよ。笑
色々と大変な生活の中、ひかると一緒にバンド続けていけるのは、やっぱけいちゃんだと思うし、複雑な曲をまとめあげるライブのチームサウンドにも感激するばかり。

image1
たまたまブログ書いてる途中にKYARAに寄ったけいちゃん

ひかるもけいちゃんもお客さんにドミコの音楽で喜んでもらえることを本当に嬉しいと思ってます。
お客さんをとても大切に思っているし、相変わらず2人共すごく純粋な人間のままです。
お客さんが手を上げる光景よりも、ずっとみんなの身体が左右に動いている姿がものすごく印象的で、お客さんの背中から楽しさ嬉しさが伝わってくる新しい感覚。

本当にドミコ好きになってくれてありがとうございます。

って、俺誰だよって感じですけど。笑

そして、今のドミコチームに僕は超絶感謝しております。
飲み会で同席する度にドミコ2人の色々な側面を受け止めながら、しっかり前に進ませてくれる。チームの方々もみんな個性派なので、僕はチームバチスタを見ているような気分になります。笑

ライブ後の2Fの弾き語りライブもお客さんであふれかえっていて、今後のドミコへの期待感が何倍にもなった1日でした。
image3image2 雨の中、御来場いただいたお客様、hey hey , my my?のジャケットデザインを使用したオリジナルのお花を送っていただいたお客様もありがとうございました。ちゃんと手紙などお渡ししてあります。
親心もありきですが、今後のドミコの音源やライブを楽しみにしてくれる人がもっともっと増えてくるタイミング。

ライブを見れていたバンドが自分のライブハウスで全て見届けられない&ソールドアウトで中に入れないというのは、ライブハウスの人間にとってとても幸せなことと気付きました。
見れなかった時間も含めて僕はすごく幸せでした。見れなくなって正解なんだと。

ドミコは地元のバンドではなくて、俺たちKYARA STAFF個人とつながりの深いひかるとけいちゃんの2人が組んだ埼玉発の2ピースバンドです。また、ジャンル関係なくライブハウスとしてではなく、ドミコのようなバンドを1つでも見守り、背中押せる存在になりたいと思います。

と、言う訳で、長くなりましたが今後ともドミコを何卒よろしくお願いします!
ツアーファイナル12/24新代田FEVER!
各地全国ワンマンライブを越えて最後までがんばれ!ドミコ!