Page Top
SPECIAL

こんにちは。最近は専らギャグマンガ日和を読んでいます。どんどん頭が悪くなっていく気がして楽しいです。

ペンネームについてはちょっと調べたところ、ほとんど同じ名前の占い師の方が存在していたので(別に影響なんかないのだけど)、マイナーチェンジすることにしました。しかし占い師の名付けのセンスってぶっ飛んでてウケる。



皆さん(特に乙女チック少女時代を過ごしたことのある方)は、おまじないを実践したことがおありでしょうか。

僕が小学生だったころ、書店の児童向けコーナーには「恋も勉強も!おまじまいBOOK」的なニュアンスのおまじないの指南書が売られていたり、また家庭にインターネットが普及して、ませたガキがおまじないについて情報交換するための掲示板が立ち上げられたりしていました。

それほどまでに日本では、おまじないというものが認知されています。

全くばかげていると思いながらも、「もしも」効果があるなら、と自分を騙しているつもりで実践した人も、完全に信じ切ってなりふり構わず実践したことがある人も、全然やったことないし、興味がないという人もいると思います。おまじない。そもそも、


おまじないとは何なのだ?!!??!?!?!!?!?


僕、よくわかってないんです。めちゃくちゃ詳しそうなのに。

Goo国語辞典で調べました。


お‐まじない〔‐まじなひ〕
「呪 (まじな) い」に同じ。




 

 

 

クソが。

 

 

 






まじ‐ない〔‐なひ〕
   神仏その他不可思議なものの威力を借りて、災いや病気などを起こしたり、また除いたりする術。
例「呪いをかける」「人前でもあがらないお呪い」

だそうです。そも、まじないを漢字表記すると「呪い」になるのです。こわ。
神仏その他不可思議なものの威力を借りて、ってめちゃアバウトじゃないですか。
「おまじない」という言葉のカバーできる範囲が広すぎるのです。
古代北欧で実践されていた民間信仰の儀式とか、仏教、密教、ユダヤ教由来のもの、ジプシーのまじない、日本の和歌が呪文になったり、はたまた全く由来はないけどなんか効きそう、でその辺の人が適当に編み出したものまで多岐にわたります。
ともかくとして現代の日本では、魔術や呪術、祈願の儀式などを一般人が扱えるように水で薄めたような術または儀式、として認知されて(いると思い)ます。

あんまり関係ないんですけど、将棋用語で「おまじない」は、「特に狙いがある訳ではないが、将来的に期待を込めた一手」という意味で使われるらしいです。バチバチの頭脳戦やってていきなりおまじないしてきたら笑う。
しかしやっぱり「現実と地続きではないけれど、何かが起こればいいな」というような意味で使う言葉なのも興味深いと思います。




近年、大人がおまじないに取り組むということが、増えたように思います。SNSやコラムサイトの発達により、大人のためのおまじない集というようなページがweb上で散見され、それと似たような趣旨の書籍を書店で見かけます。
否、もしかしたら昔からおまじないをする大人もいたのでしょうが(まじない師という肩書もあるくらいだし)、それでもやはり今ほどメジャーではなかったことだろうと思います。

まあ、「自分はまじないなんかしないし、関係ないね」とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、もうちょっとゆっくりしていきなさい。
スポーツ選手やビジネスマンが、「ゲンを担ぐ」ことがあります。あれはおまじないです。神社に行ったら、特に手が汚れている訳でもないのに手水舎に寄ります。神様への礼儀のためにそうするのですが、あれもおまじないです。
マジでどっぷりハマっている奴と程度は違えど、おまじないとは斯くも身近なものなのです。

別に信じてなくたって構いません。というか、信じないことのほうが本来正しいような気さえします。
他人のことを言えた口ではないんですけど、たまに「そんなに妄信してお前大丈夫か」って思ってしまうような人とか見かけます。いい年なのに。本当に人のこと言えないんですけどね。


それで、僕はと言えばおまじないについては半信半疑、です。

すごく簡単なもの、そこそこ気合いを入れて取り組んだもの、色々試して効き目があったものもあれば全く無駄だったもの、未だ結果が出ていないものなどなど経験して、信じるには足らないけれど有効であるという矛盾した結論に至りました。

もしかしたら、効き目があったと思っているものはただの偶然で、あの時唱えた呪文なんてどこにも響かず実際意味のない行為だったかもしれません。
仮におまじないの効き目があったとしても、全部完全におまじないのお陰ですっ、てことにするのはちょっと嫌です。

例えば、健康的な生活をしよう!と思い立って、食生活の改善はそっちのけ、朝昼晩毎食サプリメントで過ごしてます!という人が、実際に健康になるかといえば、それは望み薄でしょう。
しかし健康的な生活のための努力をした上でサプリメントを摂取するのは、大変有効な手段だと思います。

おまじないもそんな風にして、「日常がよいものになったらいいな」のサプリとして、ちょっと試してみたらいいんじゃないですかね。いや、責任は負わない。




螺旋を描いて上る
第二回☾紫色の憂鬱☽ /  メイ / ジャンル:オカルト